スワップ取引

デリバティブの取引の種類の一つに、スワップ取引と呼ばれるものがあります。スワップ取引の「スワップ」とは、もともと「交換する」という意味合いがあります。
スワップの交換という意味から派生をして、金融派生商品におけるスワップ取引というのは将来のある一定の期日までをキャッシュフローについて好感することができる取引を言います。
しかしキャッシュフローを交換するためには、あるあらかじめ決められた一定の条件に基づくとされています。

スワップ取引は、まず最初金融機関の間で急速に普及をしたとされています。というのも金融機関では、各国の通貨を取り扱っていることが背景として挙げられます。
世界の各国では、それぞれの国で異なる金利設定を行っています。ただし金利については、その時々の国の経済事情に応じて、絶えず変化をするものです。
そこで金融機関は金利変動リスクを抱えています。金利変動リスクをコントロールする手段としてスワップ取引が編み出されたといわれています。

スワップ取引の種類

金融機関で注目をされるようになった、スワップ取引はやがて一般企業にも芽をつけられることになります。財務管理をするときにスワップ取引という金融派生商品を取り扱うことで、リスクマネージメントを行うわけです。
スワップ取引の魅力は、その汎用性の高さにあります。ですから、個人投資家が購入することができるような金融商品の中にもスワップ取引の要素が含まれているような種類のものも登場し始めています。
スワップ取引については、現在では実にいろいろな種類のものが登場しています。通貨スワップや金利スワップ、為替スワップといったところが主流です。
しかしそのほかにもクレジット・デフォルト・スワップやエクイティー・スワップといったものも登場しています。

デリバティブ取引のメリット1

もし、これから日本国内でデリバティブ関連の金融商品を一般の個人投資家が取引するとすれば日経225先物、日経225mini、日経225オプションが一般的だと思います。
無論、上述したデリバティブ関連のリスク商品の特徴は現物の株取引などでは考えられないほどレバレッジ効果が高い点があげられます。
株式に関しても信用取引の場合は証券会社に担保金をおさめることによって最大で3倍程度の取引が可能となります。

しかし、日経225先物は10倍から20倍程度のレバレッジ効果を用いることが可能なので、投資効果が非常に高いのです。
証拠金取引のためレバレッジ効果を利用することで、実際の資金の何倍、何十倍の取引が可能だというわけです。
無論、レバレッジ効果は良い面のみではありません。悪い面も当然あります。損失を被る場面では大きな損失を被ることになります。

デリバティブ取引のメリット2

デリバティブ関連のリスク商品は原資産が一つしかありません。現物の株取引のように取引可能銘柄が4000銘柄前後もあれば大儲けが可能な機会が多いように思われるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。
株式市場全体のトレンドにも大きくよりますが、実際に大きな利益を手にすることが可能な銘柄はごく少数です。
そして、情報力に乏しい一般の個人投資家が4000銘柄の中から選び出すのは非常に難しいことだと思います。
その点、上述したデリバティブ関連のリスク商品の場合は投資対象となる原資産が日経平均株価なので、株取引のように値動きが期待可能な新しい銘柄を分析し続ける必要がないのです。投資効果が高いのみではなく、時間的拘束も少なくて済みます。

PR

  • 東住吉の歯医者
  • 東住吉の歯医者といえばやまね歯科


    不動産会社向けの看板制作会社

    大広サインズは不動産会社専門の看板制作会社

    更新履歴

    2014.6.24 サイト開設