外国為替証拠金取引とは

外国為替証拠金取引を簡単に説明すると、証拠金(保証金)を業者に預託して、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引のことを言います。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいいます。特に「FX」は皆さん耳にしたことがあるのではないでしょうか。
FXの魅力は、レバレッジを高く設定することで、証拠金の数倍~数百倍もの金額の取引が、簡単に出来ることです。
例えば、10,000円を元手にレバレッジを100 倍にしたとすると、「10,000 円×100 倍=1,000,000 円」となり、1万円で100万円分の取引を行うことが出来るということです。
しかし、このことは逆に損失が出た場合は、あっという間に大きな金額の損失が出るのです。

日本と通貨発行国の金利差により為替相場以外にも「金利」で収益を上げることが可能です。
日本の金利が通貨発行国の金利よりも低い時にその外貨を購入すると、両国の金利差がスワップポイントとして加算されていきます。
注意して頂きたいのが、 このスワップポイントが入ってくるのは「金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買った場合」です。

市場取引

あまり知られていませんが、外貨預金はペイオフの対象外です。つまり、銀行が倒産したら外貨預金は戻ってこない可能性があります。
その点きちんとしたFX業者は安全な資産運用のための信託保全がされているので優れたツールともいえます。
外貨証拠金取引は、市場参加している人たちの売買により価格が形成され、世界中で取引が行われます。そういう意味では市場は世界最大であり、いかに大金持ちの特定の個人がいても外国為替相場を支配することは出来ません。
その理由は、為替の変動の要因というのは世界全体の経済的または政治的な変化や金融政策その他の多くのことから成る自然現象だからです。外貨証拠金取引は、誰からの支配も受けない、世界で一番公平な市場取引であるといえます。

FXを行う

FXは、銀行の外貨預金などのように実際に取引を行なう外貨相当の円を全額用意することは必要ないとされています。実際の取引額よりも小さい保証金を担保にして行なうため、外貨預金などに比較すると効率的な取引が出来ます。
保証金の最低金額FX会社によって様々となっていますが、一般には最低でも10万円の保証金をしているFX会社が多いと言われています。10万円の保証金を担保としてFX会社に差し入れると、100万円から1500万円の取引が可能となるようです。

FXは為替の動きによって利益を得ます。逆に、損失が生じてしまうことも十分にあるのです。そのために常にリスクを考えなければいけません。利益を得ても損失を出してしまっても全ては自己責任です。
FXをすると決めた責任、売買すると決めた責任は自分にあるのです。損失を出すことを考えて、自分の責任で投資をするのかしないのかを決めましょう。
とは言え、誰でもリスクを忘れてしまったりします。損失を誰かのせいにしたくなったりもします。でも、そんな時は基本に戻ってこの注意点を思い出してみて下さい。

PR

  • 渋谷貸事務所
  • 渋谷の貸事務所のことならお任せ下さい

  • レンタルで着ぐるみを探していませんか?
  • 着ぐるみを借りるならフォーカスです

  • 東京・神奈川の看板デザイン
  • 東京・神奈川で看板デザイン・制作は南青山看板

    更新履歴

    2014.6.24 サイト開設